FC2ブログ
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もも 
彼女は平成7年3月2日生まれ。
母の友人の家の真っ白なヒマラヤンの母とキジトラの雑種の父の間に生まれ、
兄弟の中で唯一の父似・紅一点でした。小さい頃からとても美人でした。

我が家に来たのはそれから1ヵ月程経った頃だったかな。私は7歳。
ずっと猫との生活に憧れていた私にとっては、可愛い妹も同然の存在に。
誕生日が桃の節句1日前という事で「もも」という名前になりました。

女王様のように気が強くて、だいぶ年が行ってもケンカは現役。
ももの雄叫びは近所でも有名でした。
家はどこもかしこも彼女が通った痕跡を残してボロボロに。

でも優しいところもあって、私が泣いていた時はずっと横にいてくれました。
夜寝る時はいつも一緒。私の顔を枕代わりにしたり、枕の奪い合いをしました。
のどをゴロゴロならして、ふかふかであったかくて。

腎臓を悪くし、病院通いが始まったのは今から2年程前。
嫌な病院も、痛い点滴も、苦い薬もとってもよく頑張ってくれました。
もも本人も、ずっと一緒に通院した母も。

私が結婚して一番寂しかったのは、ももと離れる事。
毎日一緒にいて、今現在の私の人生の中ではももといる時間のが長いから
最後の時まで一緒に居たかったのが本音。

ももを飼うと決めた時、ももが15歳を過ぎた頃・・・
いつか必ず来るお別れは常に覚悟していたつもりでした。

私が12月に実家に帰ったその数日後に体調が急変し、毛繕いも歩行も出来なくなって
実際は年を越せないんじゃないかって思っていましたが・・・
新年に実家へ帰った時はそんな状態でも彼女はしっかり生きていました。
私が帰るの待っててくれたのかな?

平成25年1月5日。18歳と10ヵ月でお星さまになりました。

最後の瞬間を一緒にいてあげられなかったのはすごく心残りです。
しかし母曰く、母と姉に見守られ苦しまずに、眠る様にすーっと天に昇って行ったようです。

だいすきでだいすきで、話出したらきりがない位にかけがえのない存在。
たくさんの幸せを思い出をありがとう。ゆっくりお休み。

もも、これからもだいすきだよ。

saP1000340.jpg
 
珠紗 #-
No title 
こんにちは。
なんとコメントしたらいいのか、しばらく考えていました。

姉妹のように過ごした大切なももちゃん…
いくら、お別れを覚悟していても
とても悲しいですよね。
でもきっとたくさん愛されて本当に幸せだったろうなって思います。

ちゃんときよさんが顔を見せるまで待っていてくれたんですね。

ふと思い出して寂しく感じることもあると思いますが、
天国でも、ももちゃんが元気ですように!
きよ #-
>珠紗さん 
こんにちは。
コメントありがとうございます!

はい、とても悲しいものでした。
覚悟はしても一緒に過ごす時間が延びるにつれて、
思い出も愛情も濃くなるわけで。
もっとこうすれば、ああすればってたくさん出てきて。
悲しくない訳がないですね(´・;`)

>でもきっとたくさん愛されて~
そう言っていただけると嬉しいです。
ももも幸せに思ってくれたならこの上ないです(・v・*)

最近やっと現実を受け入れたと言いますか・・・
落ち着いて向き合えるようになりました。

火葬は済んで、家に帰ってきているようなので
実家に行ったら真っ先に会いに行こうと思います^^

秘密にする

 
トラックバックURL
http://bauletto.blog.fc2.com/tb.php/52-a731bf4a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。